CÁC BẠN RÊ CHUỘT VÀO DÒNG CHỮ TIẾNG NHẬT BÊN DƯỚI (NẾU TRÊN THIẾT BỊ DI ĐỘNG THÌ CHỌN VÀO DÒNG CHỮ TIẾNG NHẬT) ĐỂ THẤY NGHĨA TIẾNG VIỆT NHA

 

むかしむかし、ある村に、空海(くうかい)という名のお坊さんがやって来ました。

 

お坊さんは朝から何も食べずに、山をこえて谷を渡り、やっとこの村にたどりついたのです。

 

「ああ、腹がへった。目が回りそうじゃ」

 

すると向こうから、一人の女の人が歩いてきました。

 

女の人は、畑から帰って来たところでした。

 

手にザルをかかえ、その中にはおいしそうなイモがいっぱい入っていました。

 

それを見て、お坊さんは思わず声をかけました。

 

「お願いじゃ、そのザルの中のイモを一つでいい、わしにくだされ」

 

女の人は、ジロリとお坊さんを見ました。

 

(ふん。なんて汚い坊主だろう)

 

この女の人は、みすぼらしいお坊さんにイモをあげるのがいやだったので、「それは残念。このおイモは、食べられませんよ」と、言いました。

 

「えっ、どうして?」

 

「これは、おイモそっくりの石なんです」

 

「石ですか。それは仕方がない」

 

お坊さんは頭を下げると、またトボトボと道を歩いていきました。

 

「うふふ。うまくいったわ。だれが、大事なおイモをあげるもんですか」

 

次の年の秋になりました。

 

「今年も、おいしいおイモがたくさん取れますように」

 

あの女の人は大きなザルをかかえて、自分の畑に行きました。

 

さっそく畑の土をほり返してみますと、去年よりも大きなイモがどんどんと出てきます。

 

「今年は豊作だわ。それにズッシリと重くて、よく実がつまっている。・・・しかし、本当に重たいわね。まるで石みたい。・・・あれ、これは!」

 

イモだと思っていたのは、イモそっくりの石だったのです。

 

「あら、これも、これも、これも、ぜんぶ石だわ!」

 

女の人の畑のイモは、全てイモにそっくりな石だったのです。

 

その時、女の人は去年の今ごろ、お坊さんにうそをついた事を思い出しました。

 

「ああ、あの時、わたしがうそをついたから、神さまが天罰をあたえたんだわ」

 

女の人は反省して、それからは貧しい人にほどこしをする心やさしい人になりました。