CÁC BẠN RÊ CHUỘT VÀO DÒNG CHỮ TIẾNG NHẬT BÊN DƯỚI (NẾU TRÊN THIẾT BỊ DI ĐỘNG THÌ CHỌN VÀO DÒNG DÒNG CHỮ TIẾNG NHẬT) ĐỂ THẤY NGHĨA TIẾNG VIỆT NHA

 

むかしむかし、カキの種(たね)をひろったサルが、おいしそうなおにぎりを持ったカニに、ばったりと出会いました。

 

サルはカニのおにぎりが欲しくなり、カニにずるい事を言いました。

 

「このカキの種をまけば、毎年おいしいカキの実がなるよ。どうだい、おにぎりと交換してあげようか?」

 

「うん、ありがとう」

 

カニは大喜びで家に帰り、さっそくカキの種をまきました。

 

そして、せっせと水をやりながら、

 

♪早く芽を出せ、カキの種

 

♪早く芽を出せ、カキの種

 

♪出さねばはさみで、ほじくるぞ

 

すると、どうでしょう。

 

さっきまいたカキの種から芽が出てきて、ぐんぐん大きくなりました。

 

♪早く実がなれ、カキの木よ

 

♪早く実がなれ、カキの木よ

 

♪ならねばはさみで、ちょん切るぞ

 

こんどはカキの木に、たくさんのカキが実りました。

 

「よし、これでカキが食べられるぞ」

 

と、カニはカキの実を取りに行こうとしましたが、カニは木登りが出来ません。

 

「どうしよう?」

 

困っていると、さっきのサルがやって来て言いました。

 

「ありゃ、もうカキが実ったのか。よしよし、おいらが代わりにとってやろう」

 

サルはスルスルと木に登ると、自分だけ赤いカキの実を食べ始めました。

 

「ずるいよサルさん、わたしにもカキを下さい」

 

「うるさい、これでもくらえ!」

 

サルはカニに、まだ青くて固いカキの実をぶつけました。

 

「いたい、いたい、サルさんずるい」

 

大けがをしたカニは、泣きながら家に帰りました。

 

そしてお見舞いに来た友だちの臼(うす→もちをつくる道具)とハチとクリに、その事を話しました。

 

話しを聞いたみんなは、カンカンに怒りました。

 

「ようし、みんなであのサルをこらしめてやろう」

 

みんなはさっそくサルの家に行き、こっそりかくれてサルの帰りを待ちました。

 

「おお、さむい、さむい」

 

ふるえながら帰ってきたサルがいろりにあたろうとしたとたん、いろりにかくれていたクリがパチーンとはじけて、サルのお尻(しり)にぶつかりました。

 

「あちちちっ、水だ、水」

 

お尻を冷やそうと水がめのところへ来ると、水がめにかくれていたハチにチクチクと刺されました。

 

「いたいっ、いたいよう、たすけてぇー!」

 

たまらず外へ逃げ出すと、屋根(やね)の上から大きな臼(うす)が落ちてきました。

 

ドスーン!

 

「わぁー、ごめんなさーい、もう意地悪はしないから、ゆるしてくださーい!」

 

それから改心(かいしん)したサルは、みんなと仲良くなりました。